VoiceVoice/オリジナル作品新着コンテンツ新着コンテンツ/Voice

高飛車お嬢様は俺の孕ませ妻 ~ツンデレ娘とラブラブ子作り~

Voice


高飛車お嬢様は俺の孕ませ妻 ~ツンデレ娘とラブラブ子作り~


 
↑クリックでDl.site購入ページへ↑
 




【サンプル画像(クリックで拡大できます)】


 
 
 
作品紹介
 
※本作品は高性能マイクで録音されたバイノーラル録音作品です。イヤホン・ヘッドフォンで聴くとよりお楽しみ頂けます。
 
 
 
コンセプト
 
プライドが高い! けどチョロい! おまけに性知識もほぼない!
 というお嬢様に、性知識がないのをいいことにあれこれエロいことをしまくりたい、という人向けです。
あらすじ
 
どこにでもいるごく普通の性欲旺盛中年オタクな主人公は、ある日、魔術の名門貴族の一人娘マリエルに呼び出される。
 実は彼女は「魔力消失病」に掛かっており、その治療として、適合する精液を子宮に注がれる必要があった。
 その適合する精液の持ち主である主人公は、千載一遇の大チャンスとばかりに、性知識に乏しいマリエルにエロいことをしまくるのだった。
 
 
 
ヒロイン
 
★マリエル(1○)
 
 由緒正しい魔術の名門貴族、エストール家の一人娘。
 プライドが高く、貴族であることを鼻に掛け、一般庶民を見下している。
「魔力消失病」により魔術が使えなくなった。
 性経験どころか性知識もろくにないが、プライドの高さ故それを認めず、主人公にあれこれエロいことをさせられる。
 
「オタク、貴方は本当に幸せ者ですわ。庶民の貴方が、由緒ある一流貴族である私のために役立てるのですから。それも、私のような絶世の美少女を抱けるんですもの。人生最大の幸運を神に感謝することですわね」
 
 
 
トラック
 
○track1 「セックス初日:堕ち度1」(19:44)
 
 セックス初日。主人公は何も知らないマリエルをクンニでイカせ、さらに正常位で抱きまくるのだった。
 
「ふんっ、セックスなど、大したことありませんわね。エリートたる私からすれば、まるで子供の遊びですわ、んっ、んあっ、んんんっ。
 な、なんですの、ニヤニヤして! 私を侮辱すると、承知しませんわよ!
 って、何、涙を舐めてますのっ。こ、こらっ、よしなさい。そんなの舐めては、あっ、んあっ、んんんっ。
 え、泣いてないから涙じゃないはず?
 そ、その通りですわ! これは、そのっ……そ、そう、退屈すぎて、あくびをしたからですわ!」
 
 
○track2 「セックス二日目:堕ち度2」(20:00)
 
 セックス二日目。主人公は「レディーの嗜み」と言いくるめてマリエルにフェラをさせ、さらに騎乗位でご奉仕させるのだった。
 
「それにしても、騎乗位というのは素晴らしいですわね。高貴な私が、庶民の下になるなど相応しくありませんもの。まさに私のためにある体位ですわ。んふっ、んあっ、んんんっ。
 これで貴方も、少しは自分の立場がわかったでしょう? 私の偉大さを実感し、庶民としての分をわきまえる気になったのではなくて? あっ、んあっ、んんんっ。
 え、お嬢様に腰振りご奉仕させて大満足? オスの優越感満たされまくり?
 なっ、なぜ貴方が優越感を覚えていますの! 主導権を握っているのは私ですのよ! これでは話が違いますわ!」
 
 
○track3 「セックス七日目:堕ち度3」(20:31)
 
 徐々にデレてきたマリエル。プライドの高さからそれを認めない彼女に対し、主人公は「恋人プレイ」という建前を用意してやるのだった。
 
「ああ、オタク、好きですわ。私、貴方に恋をしてしまったようですの。誰かを好きになるのって、こんなにいいものですのね。こんな気持ち、生まれて初めてですわ。
 え、今の言葉は本気かどうか?
 も、もも、もちろん演技ですわっ! 貴族の私が、庶民の貴方に恋するわけないでしょう!
 いいから恋人プレイを続けますわよ! ほ、ほらっ、恋人として、貴方の好きなフェラチオをしてさしあげますわ!」
 
 
○track4 「セックス十四日目:堕ち度4」(13:19)
 
 すっかりデレたものの、まだそれを認めないマリエル。主人公はマリエルにドスケベ下着を着せ、演技ではない正真正銘のオマンコ妻宣言をさせるのだった。
 
「ああっ、庶民と結婚などできるはずがっ……で、でもっ……。
 ああっ、もうダメッ。こんなの、我慢できるわけありませんわっ……。
 わ、わかりましたわっ。私の負けですっ! 私、貴方と結婚しますわっ! 貴方のお嫁さんになりますから、オチンポ入れてくださいませっ!」
 
 
 
○track5 「一ヶ月後:堕ち度MAX」(17:50)
 
 二人で暮らすようになった主人公たち。
 出張から帰ってきた主人公を、マリエルはメイド服姿で出迎え、騎乗位で耳舐め囁きご奉仕したのち、子作りセックスをするのだった。
 
「 ああっ、ダーリンっ、好きっ、大好きっ。私のすべてはダーリンのものっ。ダーリンが私のすべてですわ、あっ、あぁッ、はぁあンッ。
 ああっ、私、もうダメですわっ。もうイクッ、ダーリンのオチンポでイッてしまうっ、んんっ。
 ああっ、ダーリン、出してくださいませっ。こってりザーメン、危険日子宮にたっぷり注いでくださいませっ。ダーリンの遺伝子、刻みつけてくださいませっ、あっ、あぁあンッ」
 
 
 
○track6 「秘密のビデオ撮影」(15:58)
 
 聞いてからのお楽しみです。
 
 
※効果音なしバージョンも収録しています。
 
 総収録時間 (約1時間47分)
 
イラスト:ほたてちゃん
 
 

高飛車お嬢様は俺の孕ませ妻 ~ツンデレ娘とラブラブ子作り~


 
↑クリックでDl.site購入ページへ↑
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました